読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昴の高速スライダーは強い

ポケモン ときどきその他

サン・ムーンS2シングル使用構築『二重展開バンドリマンダ』最高2006

 

どうも。今期はみんな大好きBanG_Dream@Salamenceをやっていました。さっそく並びと軽いコンセプト紹介。

f:id:m3reerabbits:20170316170033j:plain

f:id:m3reerabbits:20170316170341g:plainf:id:m3reerabbits:20170316170405g:plain

S2はバンク解禁、カロス産使用可能という事でORAS環境である程度使い慣れていたバンドリを使用することに決定。正直巷で話題になるほど刺さっているとは思えなかったので、砂を基本選出の大前提に置く構築は弱いと考えた (あくまで個人的な考えです><) 。

f:id:m3reerabbits:20170316171140g:plain

じゃあどうするか?と考えた際に、まず最初に候補に上がったのがジャローダによる壁展開であり、これにより砂(ステロ)+壁の二重展開構想が出来上がった。バンドリジャローダORAS時代から存在する並びで、ジャローダの型の豊富さから見せ合い段階では壁と断定されにくい事もうまあじ。

f:id:m3reerabbits:20170316172007g:plainf:id:m3reerabbits:20170316172029g:plain

バンドリとの相性面で非常に優れているボーマンダは自然と構築入り。壁展開、積みサイクルを通す際のマンダとの範囲補完積みエースとしてウルガモスも確定。ウルガマンダすき…。

f:id:m3reerabbits:20170316172434g:plain

ここまでバシャーモのケアがガバガバであり、ポリゴン2や毒ガルドに不利サイクルを仕掛けられるのを嫌ったのでレヒレを採用して構築完成。

  

Q①.結果はどうだったの?

A.

f:id:m3reerabbits:20170316172840j:plain

これは20到達時点のやつ。この後無限にウロウロした。2100を目標にしていながら最高は2006。2050すら踏ませて貰えない、悔しいシーズンだった。メンヘラを拗らせてレリセをいっぱいした。

見ての通りゲッコウガのケアがまるで出来ておらず、ドリュウズで上から叩くor先にこちらがウルガマンダのどちらかで展開するしかなく、それでも相手の裏やゲッコウガの型次第では詰みになる。

ゲッコウガには気をつけよう!

Q②.シーズン2まだ終わってないけど?また適当な理由つけて逃亡するの??

A.

f:id:m3reerabbits:20170316173645p:plain

f:id:m3reerabbits:20170316173832j:plain

昴のオタクの皆さん今年も対戦よろしくお願いします。

 

○使用ポケモンの型紹介と雑感

 

f:id:m3reerabbits:20170316174517g:plain

f:id:m3reerabbits:20170316180655p:plainバンギラス@さらさら岩

性格 能天気

特性 砂起こし

努力値 140-0-236-0-×-132

実数値 193-154-176-115-108-98

技構成

・岩石封じ

・冷凍ビーム

・イカサマ

ステルスロック

(主な配分意図・ダメ計)

HB ※()内の数値はダメージ

・142ミミッキュの+2じゃれつくを最高乱数切り耐え(164〜194)。

・200マンムー地震+礫を確定耐え(132〜156)+(27〜33)。

S

・岩石封じ後準速ミミッキュ+1。ミミッキュ対面で剣舞された場合、封じ+砂ダメ+イカサマで131-100ミミッキュを確定。

剣舞された場合の裏のドリュウズウルガモスにかかる負担をなるべくカットするためにこのような型になりましたが、確実にどのミミッキュにも一度の行動保証を持たせるならHBにほぼ振り切るのが無難かと思います。

(雑感)

砂起動・ステロ展開要員としてお馴染み。

安定感のあるカバルドン、重力により裏のジメンZドリュウズの一貫を作ることができ、自身は爆発による退場手段を持つギガイアスと砂起動要員には他にも優秀なポケモンが揃っている中バンギラスを使い続けたのはカッコいいから。という単純な理由だけでは無く、この三体の中では最もお相手のマンダに役割遂行し易く、そこそこの器用さもあるため。

Z技による非積み下の一撃火力が大幅に上昇した環境であったので、砂撒いて死がORAS以上に多かったが、それは割り切って考えるしかない。さら岩バンギにとっては難しい環境だったにせよ、広範囲に打点が持て、積みに対する切り返し技も持てる展開要員であるという点は偉い。

 

f:id:m3reerabbits:20170316183555g:plain

f:id:m3reerabbits:20170316183627p:plainドリュウズ@ハガネZ

性格 意地っ張り

特性 砂かき

努力値 12-252-4-×-68-172

実数値 187-205-81-×-94-130

技構成

地震

アイアンヘッドZ:超絶螺旋連撃

・岩雪崩

・剣の舞

(主な配分意図・ダメ計)

A

・205超絶螺旋連撃で164-110霊獣ランドロスを確定(169〜199)。

・205超絶螺旋連撃で171-150メガボーマンダをステロ込み超高乱数一(124〜147)。砂ダメ込みで確定。

HD

・155ゲッコウガの水手裏剣をフルヒットでも確定耐え(150〜180)。

・172メガボーマンダの大文字を確定耐え(152〜180)。

S

・砂下一舞準速メガボーマンダ+2。

(雑感)

砂下エース。あまりにも貧弱な土竜。

単純な砂下制圧力だけで言えばZ技の登場によりORAS時よりか遥かに上昇している。自分は耐久を強引に突破するよりは浮いてるポケモンにも刺していく事を優先したのでハガネZだが、ジメンZもカッコいい上に一致180とトンデモ火力を出せるので、どちらを採用するかは構築と相談。

スカーフゲッコウガにその儚い命を幾度となく刈り取られ涙を流した。これは雑感とは関係無いが、バンドリは過大評価されすぎていると思う。

VS受けループに関しては皆勤賞。よく犯罪者になってもらった。

 

f:id:m3reerabbits:20170316192413p:plainf:id:m3reerabbits:20170316192426g:plain

f:id:m3reerabbits:20170316193514p:plainボーマンダ@ボーマンダナイト

性格 意地っ張り

特性 威嚇→スカイスキン

努力値 164-52-4-×-36-252

実数値(メガ前) 191-178-101-×-105-152

実数値(メガ後) 191-189-151-×-115-172

技構成

・捨て身タックル

地震

・羽休め

・龍の舞

(主な配分意図・ダメ計)

※S1と同一個体。追記したい部分だけ掲載。

 ポケモン サン・ムーンS1シングル使用構築 『壁展開ガラツルギマンダ積みサイクル』 最高2034/最終2006 - 昴の高速スライダーは強い

A

・189スキン捨て身タックルで153-99メガリザードンYを確定(154〜183)。

HB

・156ミミッキュの-1ラブリースターインパクト+かげうちを確定耐え(138〜164)+(16〜21)。

(雑感)

いつもの。

構築開始段階では最速両刀にする案もあったが、壁と組み合わせるということでS1から引き続きエース兼スイーパー、壁ターンor砂ターンの調整の役割を担ってくれた。

現環境における意地耐久マンダの強みは高い誤魔化し性能にあると思っていて、実際、威嚇対面における対ミミッキュや対マリルリへの一時的な役割化、高い場持ちと回復ソースを活かしたターン調整、スキン倍率こそ下がりはしたがその分据え置きになったS実数値172からのスイープ、タイマン性能、積んだ際の抜き性能などオーバースペックっぷりを今期も遺憾無く発揮していたように感じる。

そもそも電磁波おじさんが格闘家にジョブチェンジして動きやすくなったという見方もある。常に選出の要として動いてくれた。偉い。

 

f:id:m3reerabbits:20170316203009g:plain

f:id:m3reerabbits:20170316203033p:plainウルガモス@ホノオZ

性格 臆病

特性 炎の体

努力値 52-×-100-164-4-188

実数値 167-×-98-176-126-158

技構成

だいもんじZ:Inferno Overdrive

ギガドレイン

・めざめるパワー(氷)

・蝶の舞

(主な配分意図・ダメ計)

HB

・200マンムー地震+礫を確定耐え(115〜136)+(23〜27)。

・182ガブリアスストーンエッジを壁下確定耐え(140〜166)。

・156ミミッキュの+2シャドークロー(無舞無限暗夜と同値)を確定耐え(127〜150)。

C

・176+1Inferno Overdriveで211-120メガガルーラを確定(229〜271)。

・176+1Inferno Overdriveで215-136カバルドンを高乱数一(204〜240)。

・晴れ下176+1Inferno Overdriveで153-135メガリザードンYが確定(153〜180)。

・176ギガドレインで207-100マリルリを超高乱数二(102〜120)。

S

・最速霊獣ランドロス+1。最速テテフまで抜く場合はBかCを削ることになる。個人的にはC。

(雑感)

特殊高火力エースでありマンダの相方。主に増えたマンマンレヒレナットやグロスランドに対し展開し負担をかけていく。

Z技により最も恩恵を受けたポケモンとさえ思っている。今回はホノオZによる採用だが、ヒコウZやエスパーZ、ノーマルZにする事で今まで役割対象には出来ない、する事が難しい存在であったギャラドスメガリザードンXを突破する範囲を持て、当のホノオZは6世代時点ではあと一歩足りなかった等倍一撃火力を大幅に補えるようになった。

ちなみに一番カッコいいのは間違いなくホノオZ。これは譲れない。

 

f:id:m3reerabbits:20170316212707g:plain

f:id:m3reerabbits:20170316212838p:plainカプ・レヒレ@残飯

性格 図太い

特性 ミストメイカー

努力値 252-×-28-52-20-156

実数値 177-×-152-122-153-125

技構成

・波乗り

ムーンフォース

・挑発

・瞑想

(主な配分意図・ダメ計)

※S1の固体からCを+1、Sを-1しただけの同一個体。身代わり→挑発。

C

・122にすることでムーンフォースのマンダやギャラに対する乱数がズレる。それでも火力不足。

HD

・草Zバシャーモに確殺される程度。トラウマになった。

S

・最速テッカグヤ+1。

(雑感)

配分がやや変わった以外はS1と同じ瞑想レヒレ。S1時点では選出機会が多いポケモンだったが、今期は特定の構築や並び以外にはそこまで選出しなかった。その分過労死しなくなったと言えばそれはそう。

挑発にすることでナットやお相手のバンギカバのステロ展開、スイクンのリフレク吠え回しを許さず、それに加えミストフィールドにより裏のウルガが動きやすい場を作った点では影の功労者。

壁+瞑想による要塞化はS1程では無いにせよ依然強力。草生やして来ないバシャーモのストッパーとしても期待通りだった。

 

f:id:m3reerabbits:20170316215258g:plain

f:id:m3reerabbits:20170316215328p:plainジャローダ@光の粘土

性格 臆病

特性 天邪鬼

努力値 196-×-4-44-12-252

実数値 175-×-116-101-117-181

技構成

リーフストーム

・挑発

・リフレクター

・光の壁

(主な配分意図・ダメ計)

C

・101リーフストームで185-80マンムーを確定(186〜222)

・101リーフストーム+<+2>101リーフストームで181-120メガガルーラを確定(63〜75)+(124〜147)。

S

・切る理由が無いので最速。

(雑感)

2枚目の展開要員。バンドリとの同時選出も多かった。

とにかく器用な事が売りだと思っている。壁無しでも等倍であれば余程高火力でも無ければ一発は耐えれるだけの耐久を持っているので、後投げから展開のような動きも可能。また、特性から一貫してる限りは自身も抜きエースになり得るので、他の展開要員に比べると壁ターンを遊ばれにくいという点も偉い。

麻痺の弱体化なども理由にはなるが、それ以上にウルガマンダがステロを踏む事を嫌ったので蛇睨みでは無く挑発を採用。サポートとしても展開要員としても十分に働いてくれたと思う。

 

 

○選出パターンのコーナー

・バンドリ@1

基本選出その①。バンギは大切にしたりしなかったりする。要はゲーム展開次第。

・ジャロウルガマンダ

基本選出その②。壁下のウルガマンダのタイマン性能及び抜き性能は非常に高いので、通りが良い相手に対してはこの選出がほとんど。

・バンギウルガ@1

普通のステロ展開。スイープにマンダを置くorバシャなどのケアにレヒレ。

・ジャロレヒレ@1

受けループを相手にする場合は@1に確実にドリュウズが入ってくる。それ以外の場合は、耐性受けしつつジャロレヒレで相手の展開を阻害し、ウルガorマンダで展開、〆る。 

・レヒレウルガマンダ

どうしてもジャロが出せず砂を通せるわけでも無い場合。あんまり無かった。

・レヒレジャロマンダ

砂ミラー。立ち回りでなんとかする。

 

○あ  と  が  き  

ミリオン4th二日目最高でした。

 

やっぱミルキーウェイなんだよなぁ…。

 

質問などあればついったまで@Neue_Ziel_002

 

 

 

 

 

それはそうと

f:id:m3reerabbits:20170319002800j:image

TYSの衣装''ロイヤル・スターレット''、色合いがボーマンダに近いしカッコ可愛いからかなり好き…。

 

しかも、今ならこのカッコ可愛い衣装のアイドルのカードがちょっと頑張るだけで貰えちゃう!ポのオタクもミリオンライブをやろう!!!!

アイドルマスター ミリオンライブ! | バンダイナムコエンターテインメント公式サイト