昴の高速スライダーは強い

ポケモン ときどきその他

S18シングル2000達成構築 †砂漠の王国†バンドリマンダ

どうも。

 

今回は幻のS18にてバンドリマンダでのレート2000を達成したので、記念に書いておこうというワケです。

 

何かの役に立ててくれれば幸いです。では並びをご紹介します。

 

f:id:m3reerabbits:20161025041650p:plain

めちゃくちゃリザX読みの行動された。選出はほぼバンドリ:クレセニンフ=8:2くらい。構築名の由来は吹き荒れる砂嵐、日照りにより照りつける太陽、夜にははっきりと見える月の光が砂漠を思わせるので。ちなみに僕は砂漠になんて行ったことありません。

f:id:m3reerabbits:20161025041940j:plain

ジャスト2000でした・。・v

 

○以下使用ポケモンの型紹介・雑感

 

f:id:m3reerabbits:20161025042350g:plain

バンギラス@さらさら岩

性格:図太い

特性:すなおこし

努力値:252-×-84-172-0-0

実数値:207-138-155-137-120-81

技   ・がんせきふうじ   ・れいとうビーム

       ・イカサマ             ・ステルスロック

(雑感)

お馴染みのやつ。

環境にウルガが増えたため、バンギがお相手ラス1ウルガに起点にされるのは流石に困ると思った事、それに加え個人的に岩+氷の技範囲は優秀だと認識してる事より、それまでの図太いさら岩の技構成から悪の波動を切って岩石封じを採用しました。バンギラス自体A種族値は134もあるため下降補正でも岩弱点のポケモンには十分刺さり、結果として見ればこれで良かったと思っています。また、能天気とは違い総合耐久の高さを確保した上でガルーラ対面でのグロウへの解答であるイカサマ、4倍弱点に対して十分な火力を持つ冷凍ビームを撃ちわけ出来るため、多少雑な動かし方でも問題無かったのも評価出来ます。これはバンギラスというポケモンのポテンシャルの高さ故であり、砂展開・起点作り要員としても、vsガルガブメタとしても申し分のない働きをしてくれました。

それでもドリュウズを早めに展開したい場合はなるべく早く死んでほしかったりする。

 

f:id:m3reerabbits:20161025044752g:plain

ドリュウズ@弱点保険

性格:意地っ張り

特性:すなかき

努力値:12-252-92-×-4-150

実数値:187-205-92-×-86-127

技   ・じしん   ・いわなだれ

       ・てっぺき・つるぎのまい

(雑感)

バンドリである以上、ドリュウズが構築のエースを担うこととなる故、鉄壁弱保などというよくわからない型が本当に強いのか?と思い半信半疑で使い始めましたが…めちゃくちゃ強かったです (風船信者だったのが今や鉄壁弱保信者に堕ちました・。・) 。

配分意図はHBが鉄壁1積みにより威嚇込みA182(実数値)の地震を確定3(39.5〜48.1)、意地特化テクニガッサのマッパを無鉄壁で確定耐え(80.2〜94.1)、陽気ASガルの親子愛地震+不意打ちを鉄壁1積みで全て最高乱数を引かれても耐え(58.8〜70.5)+(22.9〜27.8)。Aは素でも十分な火力が欲しかったので特化、Sラインは砂下陽気スカガブ+1としました。

使用感についてですが、上から火力を押し付ける分には他の型のドリュウズとやる事はほぼ同じです。鉄壁+弱点保険によって他と違うポイントとして最も明記したいのが「①本来起点に出来ない相手を起点に詰めて行ける」と「②不意打ちじゃんけんに置いて非常に強い安定択になり得る」の2点だと思っています。

①について、恐らくこれが最も鉄壁弱保が輝く部分です。簡単に言うとタイマンでドリュウズに勝てる物理アタッカーを起点に出来、そのまま全抜きを狙う事ができます。しかしながら、どのポケモンに対してもこれが通じるワケではない(例としてメガヘラクロス、フレドラ持ちのリザX、鉢ガブ等は厳しい)ので、受動的に展開する相手は慎重に選ぶべきです。

②について、これはそこまで書く必要もなくわかる部分だと思われます。露骨に不意打ちたそうなガルーラや可愛いくせに底耐久をボコボコにしがちなツインテロリをわからせる択になりやすいです。

上記2点を踏まえた上で剣舞による自発的全抜き補助も出来るため、間違いなく本構築のエースでした。

 

f:id:m3reerabbits:20161025053051p:plain f:id:m3reerabbits:20161025053110g:plain

ボーマンダ@ボーマンダナイト

性格:意地っ張り

特性:いかく→スカイスキン

努力値:164-76-4-×-124-140

実数値(メガ前):191-181-101-×-116-138

実数値(メガ後):191-192-151-×-126-158

技    ・おんがえし(〜1800まで)

                ↓

        ・すてみタックル    ・みがわり

        ・はねやすめ           ・りゅうのまい

(雑感)

大好きポコモン。ウルガモスと並んで好きなポケモンです。自慢のリボン付き個体でした。

配分意図はHBは既存のランドの岩石封じを威嚇込みで身代わりがほぼ耐えるもの。Sもメガ後一舞で最速スカランド+2となります。今までと決定的に違うのはHD。ここは環境に冷凍ビームを持ったガルーラが増えた事への誤魔化しであり、C93(実数値)までの親子愛冷凍ビームを確定耐え(79.5〜96.3)し、これにより威嚇込みでならほぼ全ての型のガルーラに対して行動保証を持ちつつ、意地耐久マンダとしての最低限を熟せる型へと調整しました。

あくまで照準はガルーラに合わせましたが、バンドリが苦手(天候を取られるから)とするリザYや単純に刺さり気味の特殊バシャのめざ氷も耐えるため、バンドリの用心棒としての役割はきちんと果たしてくれています。

恩返しから捨て身に変えた理由はこのポケモンで全抜きするというゲームがほぼ無く、中速に対するスイープの方が多かったため、「それなら耐久をある程度気にせず素でも負担をかけれて+1でどんなガルーラでもほぼ吹っとばせる捨て身の方が良いのでは?」となったから。

突き詰めればバンドリのマンダの型は何が良いのか?という話になりがちですが、こればかりは好みだと前から思っています。実際マンダで全抜きという試合が無かった訳ではないですし、ここ特殊なら…というのもあったので正解は無さそう。

 (追記)

恩返しの方が小回り利いてやっぱり良いです。

f:id:m3reerabbits:20161025061904p:plainf:id:m3reerabbits:20161025061921g:plain

リザードン@リザードナイトY

性格:臆病

特性:もうか→ひでり

努力値:0-×-4-252-0-252

実数値(メガ前):153-×-99-161-105-167

実数値(メガ後):153-×-99-211-135-167

技    ・だいもんじ    ・ニトロチャージ

        ・ソーラービーム死球

(雑感)

既存のバンドリマンダの裏としてのリザクレセニンフの個体や単体として入っているリザードンが鬼羽Xや龍羽Xなので、ならあえて素直にYを使おうと思い採用しました。

技構成は無邪気ややんちゃなどDに下降補正を掛けたガルーラに晴れ下でほぼ確定を取れ、ある程度の連打(外さなければ)が出来るだいもんじ、道連れで甘えてくるゲンガーへの解答や単純にリザYで全抜きコースを勝ち筋として見る際に必要なニトロチャージ、対水のソラビ、ラス枠にバンギやゴキブリを葬るために大谷並みの伸びのある死球(きあいだま)(ワロスボール)。

前述したドリュウズが切れる所までSを切ってしまっているため、バンドリミラーになった際はバンドリ選出を躊躇います。そのため、バンギに積極的にこいつでプレイボールして天候を取らなければならず、また、メインウエポンが命中85のだいもんじであったということもあり、選出した際は常にお祈りしていましたし、レート前はいつもこいつをパルレしていました。その甲斐あってか、要所要所はしっかり当ててくれていたので自覚がある良い子です。高火力特殊アタッカーとして十分な活躍をしてくれました。

単純に考えてリザードンというポケモンそのものがバンドリとの相性に優れ、Yなら天候管理&バンドリで苦手な耐久水を見る事が出来、Xであるならばバンギで場を作り裏から起点にするという動きがあるため、選出段階から2択を迫ることが出来るのは2体で1ギミックになりがちなバンドリにとっては相手に考慮させる幅を広げるので、情報アドが取れていると言えると思います。

 

f:id:m3reerabbits:20161025064057g:plain

クレセリア@防塵ゴーグル

性格:図太い

特性:ふゆう

努力値:252-×-252-4-0-0

実数値:227-×-188(妥協)-92(妥協)-150-105

技   ・サイコキネシス   ・つきのひかり

       ・トリックルーム  ・みかづきのまい

(雑感)

自慢のガッサ対策兼トリックルーム展開要員兼バシャのケア兼アタッカー復活展開要員。よって過労死しがち。

正直な所クレセニンフ展開はよほど刺さってなければ選出しなかったので自分でもよくわかっていません。見直すべきだったとすれば配分。ゴツメでないため、物理受けとしての「削り」の部分が大して見込めず、同じようにゴツメに依存しない物理受けとしてのサマヨールポリゴン2には(単純比較は出来ないにせよ)削りとなる状態異常が存在するので、もしこの技構成で行くならBを切ってしまいCorDに回すべきだったかもしれませんし、それも正解じゃないかもしれないので自分の考慮が足りて無かったのがよくわかります。しかしながら、ゴーグルによりこの構築にほぼ出されると言っていいガッサには一方的に強く、「ガッサを起点に展開する→ニンフでハイボ押す→Easy win・。・v」といったゲームが少なからずあったのでガッサメタとしては正解だったと思います。

ゴーグルだとイマイチ想像付きませんが眼鏡クレセって聞くとおお…ええやん…ってなりません?知的眼鏡はオタク殺し。

 

f:id:m3reerabbits:20161025065148g:plain

ニンフィア@拘り眼鏡

性格:控えめ

特性:フェアリースキン

努力値:164-×-100-244-0-0

実数値:191-×-98-176-150-71(後述)

技   ・ハイパーボイス   ・はかいこうせん

       ・めざめるパワー(地面)・いびき

(雑感)

構築のアイドルであり裏選出のエース。僕がこいつを作った時に「オトメドメイン」というえっちゲームの「飛鳥湊」という男の娘にハマっていたため、意図的に男の娘になりました。

技構成より先に触れておきたいS実数値71ですが、これは妥協したが故に起こったトリル展開においては奇跡的な数値です。なにがそんなに奇跡なのか?というと、最遅メガヘラ-1なんだそうです。実際に最遅メガヘラが現環境にいるのかは謎ですが。

技構成は基本となるハイパーボイス、ガルーラを吹っ飛ばす破壊光線、ゴキブリを吹っ飛ばすめざ地、そしてバンドリに出されやすいレパルガッサを吹っ飛ばすいびきとなります。ショックやシャドボは撃つ相手がそんなにいない上に、ショックやシャドボを撃たねばならない相手は上記メガ枠2体で十分にケア出来るため必要ないと判断し、なら害悪に対する解答を入れようと思い、いびきを採用しました。両者ラス1でのガッサ対面での苦肉の策にもなります。

「クレセニンフ選出しなければならない時のメガゲンどうするの?」と思われるかもしれませんが、大体クレセのサイキネ+ニンフのハイボで落とせるため問題はありません。挑発持ちだけは非常に問題です。

配分は特化メガバシャのフレドラ確定耐え。

クールビューティー(女)と良妻系カワイイ(男の娘)の並びって凄い強いと思うんですよ。クールビューティーが実はちょっとポンコツ入ってるとかでも良い。

 

○基本選出

(メガ枠)+バンギラス+ドリュウズ

(メガ枠)+クレセリア+ニンフィア

基本はこの2パターンしかありません。やりたい事が明確=勝ち筋も明確なので、こちらの勝ち筋を通しつつ相手がこちらの勝ち筋を潰すとすればも考えて行動します。砂選出時は砂ターンは積極的に数えるべきです。

 

○相手により変更

・vsボルトゴーリ(ピクシー)メタモン

ニンフィア+バンギラス+ドリュウズ

ニンフィアならイカサマのダメージも大した事がない上、メタモンにパクられてもドリュウズで見れるのでこうなりました。縮まれて当たらなくなってきたら早期降参。

・vs受けループ

ボーマンダ+バンギラス+クレセリア

誰もマンダの身代わりを剥がせないのでは?と思ったらこの選出。初手TODを仕掛けますが、一度もこの選出はありませんでした。

リザードン+バンギラス(ニンフィア)+ドリュウズ

もうどうしようもないのでバンギにプレイボールして勝ち筋を得ようという選出。受けループ自体がリザを読み違えると壊滅しかねないので、これはこれで受けルがどうしようもない構築ながら唯一くらいの勝ち筋だったのではと思います(細いと言えばかなり細い)。それかラッキー釣り出してドリュウズ合わせて剣舞して犯罪します。

 

○単体で重かったポケモン

・ガルーラ

こいつに起点にされない動きをしなければならず、尚且つこいつを通されてタテられるようでは話にならないので、こいつ入りのスタンパには慎重に立ち回りました。と言いたい所ですが、リザYで先発こいつ対面は絶対だいもんじで居座ると決めていた(相打ちなら良し、突破出来れば尚良し)ので、もしかしたら少しリスキーな立ち回りだったかもしれません。無邪気、やんちゃが増えてくれたことでリザYのだいもんじでほぼほぼ飛んでくれたのはリザYにとっては追い風でした。

キノガッサ

選出が縛られるという点で辛い。前述したようにガッサ相手に展開というゲームもある一方で選出誘導されボコボコにされたというゲームもあったので、こればかりは割り切るしかないかなとも思います。

・バシャ(バトン)

ある程度並びで決めつけた動きをしなければなりません。バトンを容易に通された時点でこちらの展開は非常に苦しくなるため、「これはバトンだ」と判断したらリザバシャ対面だろうがだいもんじで突っ張ります。そんで岩雪崩を撃たれてリザが死にます。まけまけのまけ。

ヒードラン(毒守や鬼守風船)

処理までにある程度の場の条件が必要な点で辛い。マンダであればメガしていること(メガしていればSは逆転するため起点に出来る)、ニンフであればヒードラン一点読みで先発ニンフヘラ対面でめざ地を押すこと、ドリュウズであれば砂下であること等であり、肝心の場を作るバンギラスヒードランの身代わりを剥がせないというギャグなのでドラン入りには早め早めに展開しなければなりません。

ルカリオ(特殊)

どんなに頑張ってもある程度削られてしまえば真空波でドリュウズは死ぬ。

マリルリ

どんなに頑張ってもある程度削られてしまえばアクジェでドリュウズは死ぬ。

サザンドラランドロス

こちら側から通る技が少ないという点で辛い。それにしてもこいつらは対処自体は難しくないので問題ありません。特にランドなんかマンダで身代わりちらつかせれば勝手に引いてくれたりするので捨て身で圧力をかける等裏に受からない状況を作れれば大丈夫です。

サメハダー

バンドリマンダをたった一体で半壊〜壊滅に追い込みます。こいつが見えてるだけでバンドリが刺さってても選出し難いという事態に陥るので、間違いなくバンドリマンダキラーはバシャでもガッサでもなくサメハダーだと思っています。

ポリゴン2

明確な処理ルートが存在しません。リザX読みで出てきたやつを焼くか、ドリュウズ+ボーマンダでマンダは身代わりを見せ電磁波を撃たせ辛くしつつ役割集中的に倒します。この際、裏がヘラであると読める場合はマンダを残し、クチートであると読める場合はドリュウズを残すように立ち回りました。それでもトリル貼られるとどうしようも無かったりしますが…。

クレッフィジャローダ

動けば問題ない。動かないでめちゃくちゃにされたら降参。これはラム持ちがいない構築の問題です。

 (追記)

カメックス

当然メガ。バンドリマンダ選出で行くと物の見事に半壊する上、リザードンを選出する場合は先発にガブを合わせられた場合、展開不利は覚悟せねばなりません。剣舞205地震を乱数で耐えてくるオバケ耐久の持ち主。

 

○あとがき

oras環境はなんだかんだ言って好きでした。

 

S・M環境でも砂をやるか?と言われると多分直ぐにやろうとはならないと思いますが、少なくともマンダは使おうかなーって思っています。クワガノンとかラランテスとかもう既にお気に入りポケモンもいますしね。

 

新規ポケモンのルガルガンが砂かきなことなど、砂にとってこの先更に選択肢が広がると良いのではないかなと思います。カバドリルガンってカッコよくないですか?グレンラガンみたい。ドリルは男のロマン

 

ここらで終わりにしたいと思います。ここまで見て頂き本当にありがとうございました。また7世代でお会いしましょう。

 

ちなみに今期のオススメは刀剣乱舞花丸です。

f:id:m3reerabbits:20161025082031j:plain

安定くんが可愛い…

 

灼熱の卓球娘や競女、イゼッタなんかも面白いと思います。是非是非。

 

 

質問等はついったまで→@Neue_Ziel_002